運転免許の種類に詳しくなろう

自動車免許の種類を知っておくとメリットがあります

運転免許の種類は、第一種運転免許と第二種運転免許、仮運転免許の三つに分けられます。それぞれについて詳しく説明すると、第一種運転免許は自動車・原動機付自転車などを運転するためのものであり、日常生活で使用することが多い免許です。第二種運転免許は、タクシー・バスなどを運転するためのものであり、人を乗せ給料や報酬を得ている人に必要です。そして、仮運転免許とは正式な免許を得る前に使用するもので、運転の練習を路上でする際に必要になります。一般的に仮免と呼ばれているその免許は、資格のある指導者を乗せて練習を行うためのものなので、日常では使用できないものと考えましょう。 様々な免許がありますが、日常の中でよく必要になるのは第一種運転免許でしょう。第一種運転免許には、普通免許や中型免許、原付免許などの種類が存在しています。スーパーなどに買い物に行く時や、子供の送迎の際に必要になるもので、運転免許を持っている多くの人がこの種類になります。普通自動車や軽自動車を運転したい人は、第一種の普通免許を取得すると良いでしょう。お得な事に、普通免許をとると一般から原付と呼ばれている乗り物である、原動機付自転車も同時に運転できるようになります。普通に原動機付自転車の免許をとるよりも、普通免許と一緒にとった方がお金と時間の節約になるでしょう。

自分の生活にあわせて取得したい免許の種類を考えよう

日常生活を送る上で大きな車は必要ないという人は、原付免許をとると良いです。原付は広い駐車スペースをとらずにすみ、普通の自動車と比べて値段が低めで手が届きやすいからです。その他、普通自動二輪を運転できる普通自動二輪車免許なども、運転免許をとることができない年配の人に重宝されています。利便性を求めるならば大型二輪免許を取得すると、大型の二輪自動車を運転できるようになるだけではなく、普通二輪や原付などの全てのオートバイに乗る事が可能になります。 仕事や業務の関係では、第二種運転免許に注目すると良いでしょう。大型自動車を運転したいと考えている人は大型第二種免許をとる必要があります。資材運搬などで大型トラックなどを運転する場合は必要な免許となるでしょう。また、工事現場などで働く為にシャベルカーやクレーン車などを運転しようと思っている人は、特殊車両を運転できる特殊免許を取得しなければなりません。いずれの免許にしても、お金を払って講習を受ける必要があるので、取得した後に眠らせておくのはもったいない事です。本当に必要なものなのか事前にしっかりと考えておくべきでしょう。

目的にあわせて取得する免許を決めよう

日常生活で普通自動車に乗るだけならば、第一種運転免許の普通免許や普通自動二輪車免許を取得するだけで十分でしょう。仕事場でトラックや工事車両を運転する必要がある場合は第二種運転免許の中の大型第二種免許や特殊免許などを取得すると良いです。